問題解決の道具箱

”創造的”に問題を解決するためのヒントとそのリンク集

品質管理、品質向上

品質管理(QC、Quality control)は、顧客に提供する商品およびサービスの品質を向上するための、企業の一連の活動体系。(品質管理 - Wikipedia

QC七つ道具

管理を行うにあたり、現象を数値的・定量的に分析するための技法。いずれも可視化によって、誰にでもすぐに問題点がわかったり説明を容易にすることを狙っている。(QC手法- Wikipedia 

QC7つ道具とは、下記の手法のことです。

(QC7つ道具ってどう使うの?いまさら聞けない品質改善の基礎)

フローチャートはプロセスのある側面を描いたもので、他の側面は他のダイアグラムで補完される。例えば、石川馨は品質管理の七つ道具として、グラフ、ヒストグラムパレート図、チェックシート、管理図、特性要因図、散布図を挙げている。(フローチャート - Wikipedia

https://takuminotie.com/wp-content/uploads/2019/08/QC-seven-tools.jpg

『事実に基づく管理』を具体化する基礎的手法ことで、パレート図、特性要因図、ヒストグラム、グラフ、管理図、チェックシート、散布図、層別の事を言う。(QC七つ道具 QCストーリー匠の知恵

https://news.mynavi.jp/article/itpass-7/images/001.jpg

経営戦略 - 問題発見と発想のための技法  TECH+

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/thumb/9/97/Pareto_graphic_01.png/230px-Pareto_graphic_01.png

パレート図(パレートず)とは、値が降順にプロットされた棒グラフとその累積構成比を表す折れ線グラフを組み合わせた複合グラフである。ヴィルフレド・パレートに因んで名付けられた。(品質管理 - Wikipedia

https://www.researchgate.net/profile/Carlo-Altomonte/publication/254394933/figure/fig1/AS:669391138082828@1536606692659/Pareto-versus-normal-distributions.png

Pareto distributions versus normal distributions

パレートの法則(パレートのほうそく)は、イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発見した冪乗則。経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているとした。80:20の法則、ばらつきの法則とも呼ばれる。パレートの法則 - Wikipedia

特性要因図 (cause and effect diagram)
問題抽出に用いられるツール。ある問題に対して関連する原因の洗い出しを行うため、問題(特性)とその発生の原因(要因)だと考えられる事項とを矢印で結んで図示したもの。その図の形状が魚の骨の形に似ていることから、別名魚の骨図 (fishbone diagram) とも呼ばれる。(品質管理 - Wikipedia

 

 【QC7つ道具】「特性要因図」の使い方を解説【図解と具体例もあり】

新QC七つ道具

QC七つ道具が定量的な現象分析を狙うのに対し、新QC七つ道具は定性的な分析を狙う。問題の構造を早期に明らかにするのが目的である。

 (QC手法 - Wikipedia 

新QC七つ道具とは、主として言語データをわかりやすく図に整理することによって、混沌としている問題の解決を図っていく手法です。親和図法、連関図法、系統図法、マトリックス図法、マトリックス・データー解析法、アローダイヤグラム法、PDPC法の七つをいいます。(新QC七つ道具とは 間接部門で活用しやすいQC手法 

 

 新QC7つ道具とは?基本と使い方を解説|カイゼンベース

シックス・シグマ

シックス・シグマ(Six Sigma, Lean Six Sigma)とは、1980年代に米モトローラが開発した品質管理手法、または経営手法である。その適用範囲は、主に製造業が中心であるが、製造業の製造部門に留まらず、営業部門、企画部門などの間接部門への適用、更にはサービス業などの非製造業への適用も多い。統計分析手法、品質管理手法を体系的に用いて製品製造工程などの各種プロセスの分析を行い、原因の特定やそれへの対策を行って、不良率の引き下げや顧客満足度の向上などをしていく。(シックス・シグマ - Wikipedia

 画像画像

 シックスシグマとは何か? 事例や図解で解説する経営手法の基礎 |ビジネス+IT

生産性向上の取り組み目的・概要・手法

  1. 可視化:現状とめざす成果を見えるようにする
  2. 定量化:必要なものについては測定して現状の水準をおさえる
  3. 課題化:目標と現状の水準のギャップを課題として設定する
  4. 実践化:課題解決に取り組む
  5. 定着化:改善の結果を定着させる

改善マニュアルについて(METI/経済産業省)